東北タスクフォース

2011年6月 │ 東京

2011年3月11日に東日本を襲った震災は、日本ばかりではなく世界を震撼させました。私たちは、失われた尊い命にお悔やみを表するとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

ドイツ銀行グループでは、日本をはじめ本店、各地域が速やかに被災地救済のための寄附および募金活動を行い、各国の赤十字やセーブ・ザ・チルドレンを通じて、寄付金を被災地にお届けしました。また、4月6日には、その日執行された日本株式現物取引による委託手数料収益の全額を日本赤十字に寄附させて頂きました。さらに、ODA等を通じて日本がこれまで行ってきた支援に報いたいと、アジアの各支店でも善意による支援の輪が広がるなど、ドイツ銀行グループ全体で、総額300万米ドルの寄附を募ることができました。

一方で、私たちは被災地の中長期的な復興支援にも取り組んでいます。2011年6月には、日本で「東北タスクフォース」を立ち上げ、被災地域の状況やニーズに応じた資金や支援物資を提供するべく、NPO等の団体と協力しプロジェクトの選定を進めています。

震災からの復興は、未来への扉を開く一歩でもあります。こうした活動を中長期的な視座で推進し、少しでもお役に立てるよう、これからもグループをあげて取り組んでいく考えです。


Footer Navigation:
最終更新日: 2013年4月11日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan