アートフェア東京2011

2011年7月 │ 東京

ドイツ銀行グループは、2011年7月29日から7月31日まで東京国際フォーラムで開催された、日本で最大規模のアートフェアである 「アートフェア東京2011」のスポンサーを務めました。当該アートフェアには、4日間で延べ約4万3,000人が来場し、盛況のうちに終わりました。

ドイツ銀行グループは、当該アートフェアのスポンサーとして開催を支援しただけでなく、3月に起こった東日本大震災の被災地の子供たちを招いてアートを紹介する「アートファン」プロジェクトに従業員がボランティアとして参加し、子供たちにアートに触れる機会を提供しました。

この他にも、ドイツ銀行グループは、森美術館へのスポンサーシップや、2006年には原美術館で「舞い降りた桜 ザハ・ハディドとめぐるドイツ銀行コレクション」を開催するなど、東京においても現代アートを積極的に支援しています。


Footer Navigation:
最終更新日: 2012年8月2日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan