2013/03/20

ドイツ銀行、2012年の暫定決算に関する最新情報を公表

ドイツ銀行AG(銘柄コード XETRA: DBKGn.DE/NYSE:DB)は本日、2012年の業績(未監査)を公表した2013年1月31日後に、既存の特定の法的事象に関して新たな進展があった旨を発表しました。当行は、IFRSに基づき、この新たな事象が当行の2012年の財務状況および決算に与える影響について評価を行う義務があります。IFRSでは、財務報告書を確定させる前に当行の法的立場に大きな影響を及ぼす事象が認識された場合、それを考慮し必要に応じて反映させることが求められています。

非中核事業部門に割り当てた過去のビジネスの一つである米国における住宅ローンに関連した訴訟と、それとは別件の規制当局による捜査に新たな進展がみられたことで、引当金の計上が必要となりました。

このような状況およびIFRSの要件に従い、当行は訴訟関連の引当金を6億ユーロ増額し、24億ユーロとしました。これに伴い、先に公表した税引前利益が6億ユーロ減少し8億ユーロとなり、純利益は4億ユーロ減少し3億ユーロとなります。

また、これら引当金の一部は、先の公表時には偶発債務として開示されていたため、重要な訴訟および規制関連の偶発債務は約5億ユーロ減少して15億ユーロとなります。

前述の変更の結果、2012年12月31日時点の当行のバーゼル2.5普通株等Tier 1自己資本比率(Basel 2.5 Common Equity Tier 1 capital ratio)は、11.6%から11.4%に低下します。また、バーゼル3(完全適用ベース)普通株等Tier 1自己資本比率は、8.0%から7.8%に低下します。それでもなお、2013年3月31日時点のバーゼル3(完全適用ベース)普通株等Tier 1自己資本比率の目標を8.5%とすることを再確認します。

取締役会および監査役会により、1株当たり0.75ユーロの現金配当を提案予定である点については変更ありません。

調整後の決算概況

(100万ユーロ)

2012年通年

2011年通年

純収益

33,741

33,228

利息以外の費用合計

31,236

25,999

税引前利益

784

5,390

法人所得税費用

493

1,064

純利益

291

4,326

バーゼル 2.5 普通株等 Tier 1 自己資本比率

11.4%

9.5%

バーゼル 3 (完全適用ベース) 普通株等 Tier 1 自己資本比率 

7.8%

<6.0%



これらの変更による2012年第4四半期決算への影響を含む詳細については、補足財務データ(2013年3月20日更新版)をご参照ください。ドイツ銀行のウェブサイト https://db.com/ir/financial-supplements より入手可能です。


本リリースおよび補足財務データ記載のすべての数字は暫定的かつ未監査です。ドイツ銀行の2012年ファイナンシャル・レポートおよび年次報告書(Form 20-F)は2013年4月15日に提出・公表される予定です。





Footer Navigation:
最終更新日: 2016年3月18日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan