Secondary Navigation:
 

V-Net :児童養護施設で園芸ボランティアを行う

2011年6月4日 │ 東京

6月4日、ドイツ銀行グループのボランティアチーム「V-Net」が都内の児童養護施設を訪れ、植栽やフェンスの修理、遊具の清掃などといった作業を行いました。V-Netからの参加者33名は、チームに分かれて雑草やごみを取り除き、花壇を作りました。

毎年行われている清掃作業ですが、参加ボランティアが校門をくぐってからの歓迎ぶりは、当施設やそこの子どもたちとV-Netとの結びつきが強まっていることを感じさせます。この活動が始まった当初から参加しているボランティアの一人は、「私たちの活動が、子どもたちや当施設、そして地域に影響を与えているように感じられ、素晴らしいことだと思います」とコメントしています。

ドイツ銀行グループの価値を理解しチームワークを構築するための企画として、2007年のサマーインターンがその初日に当施設でのボランティア活動に取り組みました。以来、ドイツ銀行グループと当施設は交流を続けています。毎年5月から6月にかけて行われる年に一度の清掃活動と9月から10月に開かれる学園祭の準備がV-Netの設立につながっています。


Footer Navigation:
最終更新日: 2013年4月26日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan