国際女性デー「Goパープル」キャンペーンで615,950円の募金を集める

2012年3月8日 │ 東京

今年で101回目となる3月8日の国際女性デーを記念して、ドイツ銀行グループでは同日、「Go パープル」キャンペーンが行われました。テーマカラーの紫色をあしらった衣服を身につけた多くのスタッフが募金活動に参加し、募金額は615,950円に上りました。企業文化の中核となるジェンダーの多様性を実現し、「選ばれる企業(Employer of Choice)」であるために、ドイツ銀行グループでは毎年この国際女性デーを祝うイベントを行っています。

この日集まった募金は、国内で唯一の性暴力被害者支援看護職(SANE)養成機関である「特定非営利活動(NPO)法人  女性の安全と健康のための支援教育センター(CESWJ)」に寄付されました。また、CESWJがドイツ銀行グループの社員向けセミナーを開催し、女性差別の防止など、暴力被害から女性を守るための活動について説明を行いました。

国際女性デーは、100年以上の歴史を持つ世界的な記念日で、ドイツ銀行グループでも様々な記念イベントを行っています。ドイツ銀行グループはジェンダーの多様性や女性スタッフの登用推進などに力を入れており、「Women on Wall Street (WOWS)」、「Women in European Business」、「Women in Asian Business」など、この分野における主要なコンファレンスを主催しています。また、東京オフィスでは1年前に「Tokyo Women’s Network 」を立ち上げて活動を行っています。


Footer Navigation:
最終更新日: 2013年4月22日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan