子どもたちが「大きなフラワーアレンジメントに挑戦!」

2013年8月19日、9月17日|東京

ドイツ銀行グループは、8月19日および9月17日に開催された、特定非営利活動法人
放課後NPOアフタースクールによる文化を学ぶプログラム「大きなフラワーアレンジメントに挑戦!」を支援しました。

「放課後NPOアフタースクール」は、放課後や週末に様々な経験ができるプログラムを提供し、子どもたちが地域社会の中で、安全に安心して楽しく過ごせる環境を創ることを目指す特定非営利活動法人です。今回のプログラムは「大きなフラワーアレンジメントに挑戦!」で、小学生とその保護者の方々をドイツ銀行グループのオフィスに招き、小原流教授者の中村一好氏のご指導のもと、みんなで一つの作品を作りました。運営のサポートは、従業員の有志によるドイツ生け花クラブが担当しました。

初回の8月19日は、先生のお話を聞いた後、作品作りをスタート。最初は恐る恐るといった様子でしたが、「大切なのは、よく見て、どうしたらきれいに見えるか一所懸命考えること。たとえば、ひまわりは太陽に向かって咲きます。どういう角度で生けたら、元気に太陽に向かっているように見えるか考えましょう」という先生のアドバイスを受け、どんどんダイナミックになりました。自分の背丈ほどの花にも果敢に挑み、伸び伸びと大きな作品に取り組む姿が印象的でした。

二回目の開催となる9月17日は、準備からすべて子どもたちが行いました。前回先生から教わった内容を思い出しながら、思い思いに花を手に取り、最初から勢い良く生けていきます。「お花も生きています。どうしたらお花が喜ぶか考えましょう」という先生のアドバイスに沿って作品作りを進め、さわやかな初秋らしいアレンジメントが完成しました。最後にきれいに掃除をして、この日のプログラムを終了しました。

完成した作品は、ドイツ銀行グループの受付に展示されました。

 

9月17日の作品

 

8月19日の作品

Footer Navigation:
最終更新日: 2013年9月19日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan