Secondary Navigation:
 

セカンドハーベストの炊き出しボランティア

2013年12月7日 │ 東京


12月7日に行われたセカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)主催の炊き出し活動を皮切りに、2013年のボランティア月間がスタートしました。この日はドイツ銀行グループの従業員12名がボランティアとして参加しました。

ボランティアメンバーは3つのチームに分かれて作業を行いました。最初のチームが午前10時に2HJの倉庫に集合し、スープの材料を切るなど食事の準備を行いました。次のチームは上野公園の簡易テントで配給作業を手伝い、全部で320食を提供しました。最後のチームは、使用した食器類を回収し、倉庫で後片付けを行いました。

ドイツ銀行グループは2HJの活動を継続的にサポートしています。東日本大震災後には、従業員が2HJを通じて被災地に食料パッケージを届け、会社としても、備蓄用の非常食や飲料水などを寄付しました。その後も、2HJが宮城県石巻市で実施したフードバンクのスポンサーを務めたほか、さらに多くの食料支援が可能になるよう、2HJの都内の施設の拡充を支援しました。

Footer Navigation:
最終更新日: 2014年3月10日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan