2015/09/07

「そこにある、時間-ドイツ銀行コレクションの現代写真」展を原美術館で開催

ドイツ銀行グループは、このたび2015年9月12日(土)から2016年1月11日(月・祝)まで原美術館(東京都品川区)において、「そこに ある、時間-ドイツ銀行コレクションの現代写真(原題:Time Present – Photography from the Deutsche Bank Collection)」展を開催する運びとなりました。

ドイツ銀行グループでは、「Art Works(アートを活かす)」というグローバルなコンセプトを通じて、職場や公共の場でより多くの人々に現代アートに触れていただく機会を提供する活動 を推進しています。本展覧会は、ドイツ銀行の現代美術コレクションの国際的な写真作品による初のアジア巡回展で、2014年秋のシンガポール(シ ンガポール美術館)、2015年春のインド・ムンバイ(国立近代美術館)に続く3カ所目の開催となります。

ドイツ銀行が30年以上にわたってコレクションしてきた作品の中から選りすぐった約60点の写真作品を通して、国際的な現代写真芸術の幅広い魅力 をご覧いただける本展では、展示作品を四章に分け、すべて「時間」というモチーフに関連付けています。第一章は《時間の露出/露出の時間(原 題:Time Exposed)》、第二章は《今日とは過去である(原題:Today Is the Past)》、第三章は《極限まで集中した時間(原題:A Moment of Intense Concentration)》、そして最終章は《私の未来は夢にあらず(原題:My Future Is Not a Dream)》という構成になっており、これらを通して、ドイツ銀行コレクションが形成されてきた過程を記録し、また写真というメディアが持つ根本的な論 点に向き合う内容となっています。

展覧会期間中は、映像作品上映やキュレータートーク、ワークショップなど、多数の関連イベントの開催も予定されています。展覧会の詳細は、下記 ウェブサイトをご参照ください。

ドイツ銀行オンラインアートマガジン(英文のみ)
ArtMag


【開催概要】

展覧会名 「そこにある、時間-ドイツ銀行コレクションの現代写真」
 (原題: Time Present – Photography from the Deutsche Bank Collection)
会期 2015年9月12日(土)-2016年1月11日(月・祝)
会場 原美術館(〒140-0001東京都品川区北品川 4-7-25)
主催 原美術館、ドイツ銀行
後援 ドイツ連邦共和国大使館
開館時間 11:00 am - 5:00 pm(祝日を除く水曜は8:00 pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日 月曜日(祝日にあたる9月21日、10月12日、11月23日、1月11日は開館)、
9月24日、10月13日、11月24日、年末年始(12月28日-1月4日)
入館料 一般1,100 円、大高生700 円、小中生500 円/原美術館メンバーは無料、
学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20 名以上の団体は1 人100 円引
交通案内 JR・京急「品川駅」高輪口より徒歩15 分/都営バス「反96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩3分/
京急「北品川駅」より徒歩8 分
ギャラリーガイド 日曜・祝日には原美術館学芸員によるギャラリーガイドが行われます(2:30pmより30分程度)

 





Footer Navigation:
最終更新日: 2018年10月25日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan