2015/05/20

ドイツ銀行、ストラテジー2020の達成に向け取締役会の変更を発表

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)監査役会は、4月27日に発表された当行の新戦略「ストラテジー2020」を効果的に実施するため、取締役会メンバーの職責を再調整することを本日の会議で決定しました。

アンシュー・ジェイン(共同CEO)は、取締役会において戦略および組織開発の責任を負います。当職責は、効率性を決定的に高めるための経営モデルの転換を管理するもので、CFOを務めていたステファン・クラウスが担当していた分野です。

クラウスは、取締役会においてグローバル・トランザクション・バンキング(GTB)および非中核事業部門(NCOU)を担当。これまで、 GTBは共同CEOのジェイン、NCOUは共同CEOのフィッチェンの責任分野でした。また、ポストバンクの監査役会に加わり、ガバナンス上 の承認を経て会長に就任する予定です。既に発表された通り、クラウスはCFOの職務を5月21日の年次株主総会終了後にマルクス・シェンクに 引き継ぎます。

ヘンリー・リショット(COO)は現職に加え、全ビジネスにわたるデジタルバンキング技術の導入を担当するチーフ・デジタル・オフィサーに就任。

レイナー・ネスケ(個人顧客および中堅企業(PBC)統括責任者)は、監査役会と本人との合意に基づき6月30日付で退職。

クリスティアン・ゼーヴィング(法務担当)はネスケの後任としてPBC統括責任者に就任。

これに加え、ドイツ銀行は本日、取締役会メンバー以外についても以下の変更を発表しました。

  • ナディーン・ファルーク(コンプライアンス統括責任者)はジェネラル・マネジャー(Generalbevollmächtigte)に就任し、特にコンプ ライアンス関連の法務問題についてクリスティアン・ゼーヴィングを補佐
  • ファブリツィオ・カンペッリ(グループ・ストラテジー統括責任者(AfK))の担当分野に戦略および組織開発を加え、ジェインに報告。また、副COOを兼 務し、当職責においてはリショットに報告
  • ヴェルナー・スタインミューラー(GTB統括責任者)とピウス・シュプレンガー(NCOU統括責任者)はクラウスに報告
  • マーク・カレン(内部監査統括責任者)は、管理上フィッチェンとジェインに報告
  • アラン・クローティ(アジア太平洋地域共同CEO)およびコリン・グラッシー(英国CEO)は、後任の任命を待ち、近く退職。アジア太平洋地域共同CEO のグニット・チャダは留任
  • クリスチャン・リッケン(個人顧客および中堅企業COO)はグループ経営執行委員会メンバーを退任

ドイツ銀行監査役会会長のパウル・アッハライトナーは、本件について次のように述べています。「レイナー・ネスケ氏の25年にわたる当行への貢献に感謝の意を表します。ネスケ氏に尽力により、私たちはドイツやその他の地域における主導的リテールバンクとしての地位を獲得することが できました。PBCビジネスの新たな経営方針を踏まえ、私たちは新たなリーダーシップが必要であるとの合意に至りました」

アッハライトナーはまた、「クリスティアン・ゼーヴィング氏は26年前にドイツ銀行のリテールビジネスの部署で研修生としてキャリアをスター トし、2013年までの3年間はPBCのグローバル執行委員会のメンバーを務めていました。ゼーヴィング氏は、その幅広い経験と人柄から、当行の重要な中核事業であるPBCを率いて新たな成長期へと導くのに最適な人材です」と述べました。

一方、共同CEOのユルゲン・フィッチェンとアンシュー・ジェインは次のように述べています。「ストラテジー2020の一部として、『経営モ デルの転換』、『GTBの成長の加速への投資』、『デジタルバンキング技術の導入』、『リテールビジネスの再構築』を含む6つの重要な決定事 項が発表されていますが、本日それぞれに対する責任者が任命されました。私たちは、今回の変更により、ストラテジー2020の実行を果たすこ とができると確信しています」

そして、「私たちは、共に取締役会メンバーを務めてきたレイナー・ネスケの多くの貴重な貢献に感謝すると同時に、今後の活躍を祈っています。 また、アラン・クローティとコリン・グラッシーにも感謝するとともに、さらなる飛躍を期待しています」と締めくくりました。





Footer Navigation:
最終更新日: 2015年5月21日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan