2015/10/07

ドイツ銀行、2015年第3四半期業績に影響を及ぼす費用計上の見通しを発表

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)は、2015年第3四半期業績に重大な影響を及ぼす費用の計上を見込んでいます。

  • コーポレート・バンキング・アンド・セキュリティーズ(CB&S)と個人顧客および中堅企業(PBC)におけるすべてののれんおよび一定の無形資産の減損、約58億ユーロ。この減損は主に、これらの部門の価値測定に、予想よりも高い規制自己資本要件が適用されること、ならびにポストバンクの処分に関する現時点での見通しの影響によるものです。
     
  • 華夏銀行に対してドイツ銀行が保有する19.99%の持分の簿価の減損、約6億ユーロ。この減損については、ドイツ銀行が本持分をもはや戦略的保有と判断していないことから、保有目的の変更により評価額を改定したことによります。
     
  • 訴訟損失引当金約12億ユーロの計上。その大半は課税控除の対象とはならない見込みです。第3四半期における最終的な訴訟損失引当金額は、当四半期決算内容が確定するまでに発生する新たな事象によって影響を受ける可能性があります。

これらののれんおよび無形資産の減損と華夏銀行への投資に関する減損は、ドイツ銀行の規制自己資本比率に大きな影響を及ぼさない見込みです。当行では現在、第3四半期の普通株式等Tier1資本比率(CRR/CRD4完全適用ベース)を約11%と報告する予定であり、これには、当四半期に導入された欧州銀行監督機構(EBA)の規制技術基準(いわゆる「Prudential Valuation(慎重な評価)」)による影響が含まれます。

これらの費用により、当行は第3四半期に約60億ユーロの税引前損失、62億ユーロの純損失を計上する見込みです。年初から第3四半期までの9カ月間の業績では、約33億ユーロの税引前損失、48億ユーロの純損失となる見込みです。

のれんおよび無形資産の減損の影響を除けば、第3四半期の税引前損失は約2億ユーロ、純損失は約4億ユーロとなるものと見込まれ、これらは主に訴訟損失引当金および華夏銀行の減損を反映しています。同様に上記の影響を除いた場合、当行の年初から第3四半期までの9カ月間の業績は、約25億ユーロの税引前利益および約9億ユーロの純利益となるものと見込まれます。

ストラテジー2020の実施計画の一環として、取締役会は、2015年会計年度のドイツ銀行普通株配当について、減配もしくは無配を提案する予定です。

以上に述べた金額はすべて見込み額です。最終的な金額は今後数週間の間に決定され、現在10月29日に予定される第3四半期決算発表時に、ストラテジー2020の実施の詳細と共に開示されます。





Footer Navigation:
最終更新日: 2015年10月8日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan