2015/10/18

ドイツ銀行、包括的組織再編および経営幹部人事の刷新を発表

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)は、グループの組織および経営陣の現在の体制を刷新します。本日、フランクフルトで開催された臨時監査役会において、ドイツ銀行監査役会は当行の事業部門の再編を決議しました。本再編は、経営委員会の改変および経営幹部の変更を伴います。

当行のストラテジー2020に照らした、監査役会の指針となる原則は、当行の経営体制の複雑さを低減し、顧客のニーズおよび監督当局の要請に、より的確に応えることです。

コーポレート・バンキング・アンド・セキュリティーズ(CB&S)部門が今回の組織再編の焦点であり、2つの事業部門に分割されます。2016年1月1日をもって、CB&Sの一部であるコーポレート・ファイナンスとグローバル・トランザクション・バンキング(GTB)部門を統合し、「コーポレート&インベストメント・バンキング」部門が創設されます。

CB&Sのセールスおよびトレーディング業務は、新設の「グローバル・マーケッツ」部門に統合されます。コーポレート・バンキング・アンド・セキュリティーズ(CB&S)という部門名は廃止されます。

ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメントにおいても変更があります。富裕層顧客については、「個人顧客および中堅企業」部門内の独立した事業部として運営されるプライベート・ウェルス・マネジメントが担当することとなります。「ドイチェ・アセット・マネジメント」は独立した事業部門として、法人顧客およびファンドビジネスに特化します。

今回の組織再編に伴い、主要経営幹部の広範な人事刷新が行われます。グループ経営執行委員会(GEC)は廃止され、取締役会における現在の16委員会のうち10委員会が廃止されます。  2016年1月1日付で、4つ全ての中核的事業部門が、取締役会に直接の責任者を置くことになります。10名からなる取締役会は、4名のシニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)によって補佐されます。

ジェフ・アーウィンは、現在コリン・ファンとともにCB&S共同統括責任者を務めていますが、2016年1月1日付で取締役会に加わります。アーウィンは取締役会におけるコーポレート&インベストメント・バンキングの責任者となります。長年にわたり取締役会メンバーを務めてきたステファン・クラウス(現GTBおよび非中核事業部門(NCOU)担当)は、今回の組織再編に伴い、2015年10月31日付で取締役を退任します。

ヴェルナー・スタインミューラー(現GTB統括責任者)は引き続きGTBの責任者として留まり、アーウィンに報告します。スタインミューラーは後日、クラウスの後任としてポストバンクAG監査役会会長への選任を提案される予定です。

コリン・ファン(現CB&S共同統括責任者)は、2015年10月19日付で退職します。後任にはガース・リッチーが就任し、2016年1月1日付でグローバル・マーケッツの責任者として取締役会に加わります。リッチーは現在、株式部門の責任者です。

直近においてブラックロックでアルファ・ストラテジーの責任者を務め、同社グローバル・エグゼクティブ・コミッティーのメンバーであったクインティン・プライスが、2016年1月1日付でドイチェ・アセット・マネジメントの責任者として取締役会に加わります。ミケーレ・ファイソーラ(現ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント統括責任者)は、移行期間の後に退職します。

クリスティアン・ゼーヴィング(現個人顧客および中堅企業統括責任者)は、今後、富裕層顧客事業についても取締役会において責任を負います。ファブリツィオ・カンペッリ(現グループ・ストラテジー統括責任者)が同事業の責任者となり、ゼーヴィングに報告します。

ステファン・ライトナーは、来年プライベート・エクイティ業界での新たな役職を得る意向があり、2015年10月31日付での取締役会メンバーからの退任を申し入れ、監査役会はこれを受け入れました。現在ライトナーは欧州CEOで、取締役会において人事、政府・規制対応、金融犯罪対策担当です。

クラウスおよびライトナーの取締役会における責任分野は以下の通り分担されます:

元フランス銀行の理事会メンバーで、現在ドイツ銀行において政府・規制対応統括責任者を務めるシルヴィー・マテラは、チーフ・レギュラトリー・オフィサーに就任し、取締役会において規制、コンプライアンス、金融犯罪対策の責任者となります。シニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)となるナディーン・ファルーク(現コンプライアンス統括責任者)は、マテラに報告します。

現在、グローバルのリージョナル・マネジメントのチーフ・オペレーティング・オフィサーを務めるカール・フォン・ローアが、チーフ・アドミニストラティブ・オフィサーとなり、取締役会においてコーポレート・ガバナンス、人事、法務の責任者となります。また、新しい役職において、ドイツ銀行の労働関係ディレクター(“Arbeitsdirektor”)を兼務します。法務については、取締役会においてジョン・クライアン共同CEO が担当していました。

クライアンは、取締役会においてNCOUの責任者となります。

さらに、ボーイングの元チーフ・インフォメーション・オフィサー(CIO)で、現在、ドイツ銀行のグローバル・チーフ・インフォメーション・オフィサー兼グループ・テクノロジー&オペレーションズ共同責任者を務めるキム・ハモンズがチーフ・オペレーティング・オフィサーに就任します。ハモンズは当行の情報技術(IT)システムおよび業務のリエンジニアリングを統括します。ドイツ銀行法(KWG)に沿った信用評価に関連する経験を得るため、ハモンズは来年初めにシニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)に就任し、一年以内に取締役会に加わる予定です。

ヘンリー・リショット(現チーフ・オペレーティング・オフィサー)は、年末をもって取締役会メンバーを退任し、ドイツ銀行の新たなデジタル・バンクを設立します。取締役会は、当プロジェクトについての詳細を後日発表します。

ファルークおよびハモンズに加え、ジャック・ブランドが2015年11月1日付けでシニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)に就任し、共同CEOのジョン・クライアンおよびユルゲン・フィッチェンに報告します。現在、北米CEOを務めるブランドは、米国内の事業のために新たに設立される中間持株会社の会長に就任する予定です。ユルゲン・フィッチェンは引き続き、取締役会においてグローバルのリージョナル・マネジメントの責任者を務めます。

現在、メディア・グループのヴェルト/N24で調査チーム責任者兼編集者チーム(Mitglied der Chefredaktion)メンバーを務めるヨルク・アイゲンドルフ が、2016年4月1日付で、新たにコミュニケーションズ責任者(“Konzernsprecher”)兼シニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)に就任します。アイゲンドルフは共同CEOのジョン・クライアンおよびユルゲン・フィッチェンに報告し、トルステン・ストラウス(現コミュニケーションズ、CSRおよび広報統括責任者兼ドイツ経営委員会メンバー)より当該職務を引き継ぎます。ストラウスは今後、当行が所蔵する膨大な美術作品を含むカルチャー、アートおよびスポーツ活動のグローバル責任者となります。この結果、10名からなる取締役会は、4名のシニア・グループ・ディレクター(“Generalbevollmächtigte”)によって補佐されます。全ての任命は、必要な規制上の承認が前提となります。

当行を去ることとなる役員にはその在籍期間が何十年にも及ぶ者も含まれますが、監査役会は本日の会議において、これらの役員のそれぞれの役職における多大な貢献に対して、謝意を表しました。

監査役会会長のパウル・アッハライトナーは、次のように述べています。

「これほど大掛かりな組織再編は、ドイツ銀行の歴史の中でもほとんどありませんでした。これには厳しい決断も必要でした。すべての関係者は、個人的な利益を顧みず、当行に最善の結果をもたらすべく、これまで尽力してきたという点を強調したいと思います。当行を去る役員に対しては、その点に加え、これまでの年月における貢献に感謝の意を表します」

アッハライトナーはさらに、次のように続けています。

「ステファン・クラウスは、2008年から2015年までのCFO在任中に、金融危機の最も困難な時期を乗り切るために多大な貢献をしました。クラウスはまた、ストラテジー2020の策定に向けた難しい決定プロセスにおいても力になってくれました。

ミケーレ・ファイソーラとコリン・ファンは、それぞれドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント統括責任者とコーポレート・バンキング・アンド・セキュリティーズ共同統括責任者として、これらの重要な事業部門の今後の成功に向けた基盤を築いてくれました。

ステファン・ライトナーからの退職の申し入れは残念でしたが、顧客や取引に関するノウハウをプライベート・エクイティ業界で活かしたいとの意向を了承しました。

ヘンリー・リショットは、デジタル・バンクの設立によってドイツ銀行が新たに注目される上で重要な役割を果たすこととなります。

トルステン・ストラウスは、新設されるカルチャー・アート・スポーツ部門において、世界に大きな影響をもたらすでしょう。

監査役会は、ジョン・クライアンとユルゲン・フィッチェンの新たなチームの成功を期待しています。私たちはこのチームがストラテジー2020を着実に目的に向かって実行するものと確信し、共に働くことを心待ちにしています」

また、ドイツ銀行共同CEOのジョン・クライアンは、「私たちは、より適切に管理され、コストを抑え、より焦点を絞った銀行となり、株主の皆さまに長期的価値を、そしてお客様に卓越したサービスを提供したいと考えています。それを実現するために、この新たな組織体制および経営陣が不可欠です。よりよいドイツ銀行を共に築いていくチームを結成するにあたり、取締役会に6名の新メンバーを迎えることをうれしく思います」と述べています。





Footer Navigation:
最終更新日: 2015年10月20日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan