2015/10/28

ドイツ銀行、ストラテジー2020の財務目標を発表

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)の取締役会は本日、当行の戦略計画「ストラテジー2020」の実施について承認しました。本計画は以下の財務目標を含みます。

  • 普通株式等Tier 1資本比率: 2018年末以降より最低でも12.5%
  • レバレッジ比率: 2018年末時点において最低でも4.5%、2020年末時点において最低でも5.0%
  • 有形株主資本利益率: 2018年までに10%超
  • 調整済コスト(事業再編および退職関連費用、訴訟費用、のれんおよび無形資産の減損、保険加入者からの保険金請求を除く、利息以外の費用の合計): 2018年までに220億ユーロ未満に抑える
  • 費用収益比率: 2018年に約70%、2020年に約65%
  • リスク・ウェイテッド・アセット(2019年/2020年までに最低でも1,000億ユーロが見込まれる規制変更後の規制上の増加分を除く): 2018年末時点において約3,200億ユーロ、2020年末時点において約3,100億ユーロ

さらに、本計画は、2015年および2016年の両会計年度においてドイツ銀行普通株式への配当を行わないことを前提としています。取締役会では、普通株式に対する配当支払について、競争力のある配当性向をもって2017年の会計年度より開始することを提案する予定です。

監査役会は本日の会議において、取締役会より本計画についての報告を受けました。

当行がこれらの目標をどのように達成するかの詳細については、10月29日(木)ロンドン時間午前8時よりフランクフルトで開催されるプレス・コンファレンス、およびロンドン時間午後4時よりロンドンで開催されるインベスター・イベントにおいて発表されます。





Footer Navigation:
最終更新日: 2015年10月29日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan