2017/01/31

ドイツ銀行、ロシアにおける証券取引に関して和解

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)は、ロシアにおける証券取引に関し、英国の金融行動監督機構(FCA)およびニューヨーク州金融監督局(DFS)との間でそれぞれ和解しました。この和解をもって、FCAおよびDFSによる当行インベストメント・バンキング部門におけるマネーロンダリング対策の管理部門に対する調査は、2011年から2015年にかけて行われたモスクワ、ロンドンおよびニューヨークの各オフィスでの一定の証券取引に関する調査を含めて終了しましたのでお知らせします。

FCAとの間の和解契約の条件に基づき、当行は民事制裁金として約1億6,300万ポンド支払うことに同意しました。FCAによる調査の早期の段階で和解に同意することにより、当行は制裁金の30%の減免を受ける資格を得ました。FCAは、当行がマネーロンダリング対策の管理強化のために多大な資源を投入した点に言及し、この対策について既に推し進めている当行の取組みを認めました。FCAはまた、当行がこの事案につきFCAの注意を促して以来その調査期間を通じて、当行が極めて協力的であった点にも言及しました。

DFSとの間の和解契約の条件に基づき、当行は同意命令(Consent Order)に服し、民事制裁金として4億2,500万米ドルを支払うこと、および向こう二年間について独立した監視人を一名設置することに同意しました。同意命令には、当行による協力および改善対策の努力が評価されたこと、および和解金額の合意に達するに当たっては当行のそうした努力がDFSにより考慮されたことが明記されました。

和解金額の大部分は、当行の訴訟準備金として既に計上されています。

既にお知らせしているとおり、当行は、他の規制当局および法執行当局により継続中の証券取引に係る調査にも協力しています。





Footer Navigation:
最終更新日: 2017年2月2日
Copyright © 2017 Deutsche Bank Group, Japan