2017/03/19

ドイツ銀行、増資による資金調達総額を80億ユーロに決定

ドイツ銀行AG(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)は本日、現金払込みによる増資として調達する金額を、総額80億ユーロとする旨を決定し、以下のとおり主要な条件を決定しました。

  • 新株式6億8,750万株を発行
  • 割当比率2対1
  • 新株式1株当たり発行価格は11.65ユーロ

ドイツ銀行は、ドイツ、英国および米国における公募により、授権資本の枠内で合計6億8,750万株の記名式無額面株式(普通株式)を新たに発行します。新株式1株当たりの発行価格は11.65ユーロ、割当比率は2対1となります。これは、新株引受権を割り当てられたドイツ銀行株主が、2017年3月21日から同年4月6日までを予定している募集期間中に上記の発行価格を払い込むことにより、保有するドイツ銀行の既存株式2株につき1株の新株を購入することができることを意味します。

当該新株式には、既存株式と同額の配当を受領する権利が付されています。発行される株式について全額引き受け済みの今回のオファリングによる調達総額は、80億ユーロとなる見込みです。引受シンジケート団は、2017年3月5日の当初発表時の8社から30社に増加しました。

当該新株引受権の売買は、ドイツ国内の証券取引所では2017年3月21日から同年4月4日まで、ニューヨーク証券取引所においては2017年3月21日から同年3月31日まで行われる予定です。新株式の受渡しは、クリアストリーム・バンキングAGを通じて行われる場合は2017年4月7日前後、デポジトリー・トラスト・カンパニーを通じて行われる場合は同年4月11日前後を予定しています。新株式については、ドイツ国内の証券取引所およびニューヨーク証券取引所において、2017年4月7日前後より既存株式と同等の取引が開始される予定です。

以上





Footer Navigation:
最終更新日: 2017年3月22日
Copyright © 2017 Deutsche Bank Group, Japan