2018/11/29

ドイツ銀行本社およびその他の事業所において捜索

ドイツ銀行(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)のドイツ国内における複数のオフィスにおいて、いわゆる「パナマ文書」に関連した捜索が実施されています。11月29日午前、フランクフルト、タウヌスアンラーゲの本社を含む複数の当行オフィスに、警察および検察当局の捜索が入りました。

この件に関し、当行は以下の声明を発表しました。

「当行は、ドイツ国内の複数の当行オフィスにおいて、現在警察が捜査を実施中であることをお知らせします。この捜査はパナマ文書に関するもので、詳細は追って発表いたします。当行は、当局に全面的に協力しています。」

当行は、新たな情報について、本サイトにおいて引き続きお知らせしていきます。

11月29日午後1時(中央ヨーロッパ時間)現在の声明

「当行に関する限り、パナマ文書に関するすべての関連情報は既に当局に提供しています。事実の解明は当行にとっても利益になるものであり、当行は当然ながらフランクフルトの検察当局と緊密に協力してまいります。近年において、当行は当局に全面的に協力する姿勢を示してきており、今後もこれを維持していきます。」





Footer Navigation:
最終更新日: 2018年12月3日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan