2020/07/27

Airwallex、クロスボーダーでのバーチャル口座を活用した代金回収、及びAPI対応FXサービスにドイツ銀行を追加

ドイツ銀行東京支店(以下「ドイツ銀行」)は本日、世界的なフィンテック企業であるAirwallex社(エアーウォレックス)が、香港と日本における、バーチャル口座、また香港においてはAPI対応の外国為替サービスを提供すると発表しました。API: Application program interface

すでに日本においてもサービス提供を開始しているエアーウォレックスは、このたび導入するバーチャル口座及びAPI技術によって、中華圏に拠点を置く販売業者のクロスボーダーの決済をシームレスに処理します。これにより、エアーウォレックスを利用する販売業者は相手顧客の市場で銀行口座をあらたに開設する必要がなくなり、決済プロセス全体が簡素化されるメリットを享受することができます。

2015年に設立、香港に本社を置くエアーウォレックスはフィンテック企業であり、顧客が自国の市場や世界で成長するための金融インフラを提供し、国境をまたぐビジネス活動に必要な資金の移動や管理に変革をもたらします。既存顧客は、デジタル、Eコマース、交通、教育、旅行などの幅広い業界におよびます。

ドイツ銀行のコーポレート・キャッシュ・マネジメントのアジア太平洋地域のヘッドであるチンタン・シャーは次のように述べています。「エアーウォレックスとの提携により、同社のデジタル・ペイメント・コレクション(電子決済)の国際的なビジネスをさらに発展させることができ、嬉しく思います。当行は、最先端の法人向け決済ソリューション、世界中のフィンテック企業や電子商取引企業との連携に関する専門知識を有しており、デジタル経済の成長に向け、お客様に選ばれる資金決済銀行としての地位を確立しています」と述べています。

エアーウォレックスのCEO兼共同創業者であるジャック・チャン氏は次のように述べています。「中華圏や日本を含む世界中のオンライン企業が、自国の市場以外で顧客基盤の拡大を図る中、私たちが提供するデジタル決済サービスはゲーム・チェンジャー的存在となるでしょう。私たちは、ドイツ銀行のような多くのパートナーと協力関係を構築し、より多くの市場でのサービスを拡大することで国境を越えたデジタル経済の発展に寄与するという使命を実現していきたいと考えています。」


報道関係者によるお問い合わせ先:

ドイツ銀行グループ広報部 03-5156-7703





Footer Navigation:
最終更新日: 2020年7月28日
Copyright © 2020 Deutsche Bank Group, Japan