2020/10/13

ドイツ銀行従業員に対するダンスケ銀行関連の捜査が終了、行政上の違反に対し1,350万ユーロの罰金

フランクフルトの検察当局は、ドイツ銀行従業員に対するダンスケ銀行エストニア支店に関連する刑事捜査を、ドイツ刑事訴訟法第170条(2)項に基づき、嫌疑不十分として終了しました。この捜査終了は、当行がマネーロンダリングを幇助ないし教唆したとする主張が取り下げられたことを意味します。

当行の取締役会メンバーであるシュテファン・シモンは、次のように述べています。「フランクフルトの検察当局による捜査が終了しました。これらの手続の終了により、当行および当行従業員の側のいずれにも、刑事上の不正行為があったとする証拠は存在しないことが明らかになりました。当行は、捜査開始時から検察当局に全面的に協力してきました。」

当行は、ダンスケ銀行エストニア支店のコルレス銀行としての取引関係を、既に2015年10月に終了しています。

なお当行は、疑わしい取引の報告(SAR)を適時に行わなかったとする行政手続上の違反に対する1,350万ユーロの罰金を受け入れました。対象となったのは、2010年から2015年までの取引に関する報告です。これらの取引もダンスケ銀行を通じて決済されていましたが、今回終了した捜査とは別の独立した調査の対象でした。この調査においては、当行による監督義務や企業責任の違反、または特定の人物による責務違反があったとする主張は行われておらず、こうした違反の事実も認定されていません。





Footer Navigation:
最終更新日: 2020年10月15日
Copyright © 2020 Deutsche Bank Group, Japan