クロッキーの父
クロッキー開発者のご紹介
パスカル・コスタンティーニ(Pascal Costantini)

パスカル・コスタンティーニは、S.G.ウォーバーグを経て、1995年にドイツ銀行に入行し、同年、ドイツ銀行ロンドン支店調査部の一員として、株式分析手法であるクロッキーモデルを開発しました。その後、ドイツ銀行のクロッキー投資戦略&評価グループのヘッド(統括責任者)を務めました。

パスカル・コスタンティーニは、フランスのリヨン政治学院およびエセック経済商科大学院大学(ESSEC)で学位を取得しています。

Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月21日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan