クロッキー指数

ドイツ銀行グループは、クロッキーモデルを生かし、各種指数を開発し、公表しています。これらを総称してクロッキー指数と呼んでいます。

クロッキー指数の構成銘柄の選択にあたっては、クロッキーモデルにより計算される「エコノミックPER」を用います。

また、2004年以降は、クロッキー指数を活用した金融商品を開発、欧州を中心に取扱いを開始しています。2005年からは、日本においても機関投資家向けにクロッキー関連商品を提供しています。

ドイツ銀行グループは、さまざまなアイデアや金融テクノロジーを駆使した知的資本(「インテレクチャル・キャピタル」)の活用に注力しており、クロッキーはその代表格です。


代表的なクロッキー指数

クロッキー日本株指数
クロッキー・ユーロ株指数
クロッキー米国株指数
クロッキー・アジアパシフィック株指数
クロッキー・ドイツ株指数
クロッキー・グローバルセクター指数
クロッキー・アルファペア指数

アルファペア指数を除き、それぞれトータルリターン指数(配当込み指数)とプライスリターン指数(配当を考慮していない指数)があります。



ドイツ証券株式会社 / 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第117号 / 貸金業者 東京都知事(5)第29674号 / 加入協会:日本証券業協会、社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業会
クロッキーモデルはドイツ銀行グループが独自に開発した株式分析手法です。当グループではこのモデルを活用し、各種指数を開発し、公表しています。日本においては、ドイツ証券株式会社および国内金融機関が、指数を活用した金融商品を販売しています。クロッキー指数を活用した各種金融商品は、その商品設計により、株式・為替・債券等の市場動向や価格の変動等により、元本を割り込むなどの損失が生じるおそれがあります。また、商品設計により、各種手数料や諸経費等をご負担いただくことになりますので、ご留意下さい。なお、クロッキー指数を活用した金融商品の購入につきましては、各商品を取り扱っている金融機関にご相談の上、説明書・目論見書等の内容を十分にお読みいただいた上で、ご検討下さい。
Footer Navigation:
最終更新日: 2018年4月26日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan