クロッキー・グローバルセクター指数の特徴

クロッキー・グローバルセクター指数(CROCI Sectors II Index)は、日本、米国、欧州を代表する約350企業の株式から、セクター毎の投資機会を捉えることを目指した株式投資戦略です。350銘柄を9つのセクターに分類し、「エコノミックPER」を基準に割安と判断される3セクターを選択、そしてさらに選択された各セクターから10銘柄、合計30 銘柄により構成されます。毎月「エコノミックPER」に基づいて選択され、各銘柄が等金額になるように配分されます。

1996年以降から入手できるデータに基づき、一貫性をもった指数構築プロセス(銘柄選定プロセス)により指数が計算されています。


指数構成銘柄の選択と指数の構築手順


*1 GICS(世界産業分類基準)とは、スタンダード・アンド・プアーズとモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が開発した、企業をセクターと産業に分類する世界的に共通のスタンダードです。GICSにより、投資家や運用会社、投資リサーチ担当者は産業や地域という属性にとらわれずに世界的に切れ目なく企業を比較することができます。10のセクター、23の産業グループ、59の産業、123のサブ・インダストリーに細分化されています。企業の分類は、重大な会社情報の発生時や、新たな情報が開示された場合に見直されます。また、スタンダード&プアーズとMSCIは、市場の変化に対応するため、毎年一回はGICSの仕組みを見直すこととしています。

*2 各セクターにおいて10銘柄の選択が出来ない場合は、他の6セクターからセクターに係らず最も「エコノミックPER」が低い銘柄を選択します。

Footer Navigation:
最終更新日: 2012年2月14日
Copyright © 2018 Deutsche Bank Group, Japan