Secondary Navigation:
 

顧客本位の業務運営にかかる方針

ドイチェ信託株式会社

当社は信託業務をはじめとする金融サービスの担い手として自らに負託された信頼の重みを認識し、高い倫理観と専門性に基づき、忠実義務、善管注意義務を中心としたフィデューシャリー上の義務を誠実に果たし、お客様の信頼に応えられるよう、お客様本位の業務運営を徹底します。

1.お客様本位の業務運営 
当社はサービスの提供にあたっては、専門家としての能力を発揮し、お客様本位の業務運営をすることにより、お客様の保護とその利益の実現を図る業務運営を行います。

2.お客様の最善の利益の追求
当社はお客様との取引に際し、「私たちの価値観と信念」に基づきお客様の最善の利益に資することに専念いたします。

3.利益相反の適切な管理
当社はお客様の利益を害さないよう、利益相反管理方針に基づき社内規程を整備、管理部署を設置し、利益相反のおそれのある取引等を適切に管理する体制となっております。

4.手数料等適切な情報提供
当社はお客様との取引に際し、お客様の知識、経験、財産の状況及び契約を締結する目的を確認し、報酬を含む手数料の考え方をご理解いただけるよう適切な説明に努めます。また、お客様との取引を行った後、お客様に対し業務に係る報告を適切に行います。

5.重要な情報の分かりやすい提供
当社はお客様との取引に際し、お客様からその知識、経験、財産の状況及び契約を締結する目的の聴取に努め、高い専門性をもったサービスの提供者として、お客様の的確な商品選択の判断に資する情報を正しく開示し、適切な説明に努めます。また業務に係る状況につき、情報を正しく開示(ご報告)するとともに、分かりやい情報提供に努めます。

6.お客様にふさわしいサービス提供
当社は、お客様からその知識、経験、財産の状況及び契約を締結する目的に照らして適切な取引を行い、専門性を発揮し、創意工夫により、お客様のニーズにお応えできるよう努めます。

7.適切なガバナンス体制
当社は法令等及び社会規範の誠実かつ厳格な遵守を確実なものとし、また、お客様からの高度な信頼にお応えできる業務運営の浸透に向けたガバナンス体制を目指しております。またお客様の信頼に応えるべく、専門性の維持・向上と、倫理意識の涵養に努めます。

Footer Navigation:
最終更新日: 2017年6月26日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan