2008/09/12

ドイツポスト、ポストバンクの株式29.75%をドイツ銀行AGに売却 ~ ドイツ銀行AGとポストバンクは連携で合意 ~

ドイツポストは、独ポストバンクの少数株主持分29.75%をドイツ銀行AG(銘柄コードXETRA:DBKGn.DE/NYSE:DB)に1株当たり57.25ユーロ、総額27億9,000万ユーロで売却する旨を公表しました。ドイツ銀行による本株式取得は、規制当局ならびに独占禁止法関連当局、ドイツ政府による承認を前提とし、2009年第1四半期の完了を予定しています。ドイツ銀行は現金により支払いを行い、購入資金調達のため最大で20億ユーロのエクイティ証券発行を予定しています。エクイティ証券発行の時期や条件等は市場動向を勘案して決定されることになります。

ドイツポストは、売却で得た現金を、2008年後半に完了を予定している株主へのキャッシュ・リターンの主な財源とする予定です。

さらに、この度の少数株主持分売却に加え、ドイツポストはドイツ銀行に対し、ポストバンクの株式18.00%を1株当たり55.00ユーロで購入するオプションを与えています。当該オプションは、当初予定している29.75%の株式取得後、12ヶ月から36ヶ月の間に行使可能となっています。さらに、ドイツポストはポストバンクの残存株式に対する優先買取権を、ドイツ銀行に与えています。

一方、ドイツポストは、ポストバンクの残存株式20.25%プラス1株をドイツ銀行に対して売却する権利(プットオプション)を与えられています。ドイツポストは、当該プットオプションを、ドイツ銀行による当初の29.75%の株式取得後、21ヶ月から36ヶ月の間に1株当たり42.80ユーロで行使可能です。ドイツ銀行は、上記の両オプション行使に伴う支払いを、現金またはその全部もしくは一部を自己株式により行うことができます。

さらに、ドイツ銀行とポストバンクは、ホームファイナンスや投資商品の提供を含む複数の領域において、今後、基本的に連携していくことで合意しました。ドイツ銀行は、個人顧客および中堅企業ビジネスで1,400万人(内、ドイツ国内に970万人)の顧客を有しており、一方ポストバンクはドイツ国内に1,450万人の顧客を有しています。両行は、この度の連携により大幅な増収を期待しており、間もなくその最終案を策定する予定です。

ドイツ銀行とポストバンクのサービス提供は相互に補完的であり、ドイツ国内において他を圧倒する支店網を通じて相互に金融商品を販売することができるなど魅力的な金融サービスの提供が可能となります。また、少数持分保有とは別に、両行は、引き続き各自の業務拡大に注力していきます。ドイツ銀行によるこの度の少数株主持分取得は、ポストバンクの支店や業務、ブランドに何ら影響を与えません。

なお、ドイツポストとポストバンクは、個人顧客サービスの拡充に向けて2012年以降も既存の店舗における協力関係を進めていく意向です。

ドイツポスト・ワールド・ネットのCEOを務めるフランク・アペルは、「この度の取引により、ポストバンクは安定性を強めるとともに、意欲的な成長戦略の実現に近づくことになるでしょう。当社は今後もポストバンクを支援していきます。当社は、ドイツ銀行という信頼すべきパートナーを得て、所有するポストバンク株式の一部を適切な時期に売却することができました。この度の売却によって、当社は、世界でも主導的な地位を占める物流ビジネスに、今後、注力していくことが可能になります。当社は、現在、更なるサービスの質の向上と顧客重視を徹底することで、業務基盤の自律的な拡大に力を注いでいます」と述べています。

ドイツ銀行取締役会会長兼グループ経営執行委員会会長のヨゼフ・アッカーマンは、次のように述べています。「当行は、この度、ドイツのリテール・ビジネスで主導的地位を占める金融機関の相当数の株式を魅力的な条件で購入しました。これは、当行の個人顧客および中堅企業向けビジネスを強化していく上で健全な投資であり、また株主の皆さまへの価値の創出につながります。さらに、将来的にポストバンクの株式持分を増やす権利を取得したことは、長期的な成長につながるものと期待しています。」

ポストバンクCEOのウォルフガング・クラインは、「この度、ドイツ銀行を、当行の新しい最大株主として迎えることを歓迎します。リテール向け金融機関として独自の基盤を持つ当行は、ドイツのリテール金融市場の発展において重要な地位にあると考えています。この度の連携によって、ドイツ銀行とポストバンクの両行が相互の強みを活かして共に発展していくことを確信しています」と述べています。

ドイツ銀行個人顧客および中堅企業統括責任者兼グループ経営執行委員会メンバーのレイナー・ネスケは次のように述べています。「ドイツ国内個人向け市場における営業網と顧客層の相互補完を目指したこの度の連携は、両行の顧客と従業員に大きな価値をもたらし、そのユニークなパートナーシップはドイツにおけるさらなる成長の可能性につながります。これは持続的な成長を目指す当行のリテール戦略にとってまた一つ大きな前進と言えます。」





Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月13日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan