2008/05/29

ドイツ銀行AG、年次株主総会を開催  ~ 経営陣による全議案が賛成多数で可決 ~

ドイツ銀行AG(銘柄コードXETRA:DBKGn.DE/NYSE:DB)は、本日、フランクフルトにおいて年次株主総会を開催し、1株当たり配当を4.50ユーロ(2006年は4.00ユーロ)とする提案が株主により承認された旨を公表しました。これにより配当総額は23億ユーロとなります。配当金は2008年5月30日に支払われる予定です。

当該年次株主総会では、監査役会および取締役会から提出されたその他の議案についても、賛成多数により承認されました。

当該年次株主総会終了をもって、テオ・ズィーガートを除く全ての監査役会メンバーの任期が満了し、新たに株主代表として、クレメンス・ベルジッヒ、カール・ゲルハルト・アイック、ピーター・ジョブ、ヘニング・カーゲルマン、スザンヌ・ラバージュ、モーリス・レヴィー、ヨハネス・テイセン、ティルマン・トーデンヘーファー、ヴェルナー・ヴェニングが監査役会メンバーに選任されました。

取締役会メンバーの職責に対する追認は出席株主の98.86%により承認され、監査役会メンバーの職責に対する追認は出席株主の98.83%により承認されました。当該年次株主総会には、議決権総数の33.2%を保有する約6,000の株主が出席しました。

また、当該年次株主総会では、2009年10月31日までに、株主資本の最大10%に相当する自社株を買戻すことが承認されました。これを受けて、昨年の年次株主総会で承認された買戻しプログラムは終了しました。終了したプログラムでは、過去12ヵ月間において、株主資本の1.4%に相応する720万株を買戻しました。なお、新たな自社株買戻しプログラムに基づく買戻しの開始時期は未定です。





Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月13日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan