2011/01/11

ドイツ銀行グループ、リスク誌より2011年デリバティブ・ハウス・オブ・ザ・イヤーに選出される

ドイツ銀行グループは、金融リスク管理の専門誌である「リスク誌」より「2011年デリバティブ・ハウス・オブ・ザ・イヤー(最優秀デリバティブ・ハウス)」に選ばれました。ドイツ銀行グループによる同賞の受賞は、2003年以来3度目となります。

リスク誌は、この度の選考において、ドイツ銀行グループの組織再編に向けた戦略や顧客重視の徹底を高く評価し、次のように述べています。「法人・機関投資家向けフロービジネスを新たな注力分野と捉えたことが、ドイツ銀行グループの業績改善の鍵となりました」

ドイツ銀行グループの法人・機関投資家向けビジネス(CIB)統括責任者を務めるアンシュー・ジェインは、次のように述べています。「2010年は、CIBビジネスの更なる統合と変動の激しい市場における顧客へのサービスの提供という2つの大きな課題に直面しました。この度のリスク誌からの受賞は、ビジネスの統合や編成・拡大に向けたこうした取り組みが認められたものと考えています。この場をおかりして、お客さまや株主はじめ全てのステークホルダーに感謝したいと思います」

ドイツ銀行グループは、この度のリスク誌からの受賞に先立ち、2010年12月に「IFR誌」より「2010年バンク・オブ・ザ・イヤー(最優秀金融機関)」と「2010年デリバティブ・ハウス・オブ・ザ・イヤー(最優秀デリバティブ・ハウス)」に選出されています。





Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月13日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan