2012/09/14

ポストバンクとの支配および損益移転に関する契約を裁判所が承認

ドイツ銀行AG(銘柄コードXETRA: DBKGn.DE / NYSE: DB)は本日、DBフィナンツ-ホールディングGmbH(ドイツ銀行AGの100%子会社)を支配会社、独ポストバンクAGを被支配会社とする支配および損益移転に関する独ポストバンクAGとの契約について、2012年9月11日付でケルンの高等裁判所が承認し、撤回不能の形で法的に有効となった旨を公表しました。当該契約は既に独ポストバンクの年次株主総会で承認され、本年6月にケルンで商業登記されています。この度の最終的な承認は、ポストバンク統合における大きな節目といえます。これによりドイツ銀行は、法的に確固とした根拠に基づいて相乗効果を生み出すことが可能となります。





Footer Navigation:
最終更新日: 2012年9月18日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan