2009/01/14

ドイツ銀行AG、2008年第4 四半期の業績見込みを発表

ドイツ銀行AG(銘柄コードXETRA:DBKGn.DE/NYSE:DB)は、本日、2008年第4 四半期の主な項目に関する業績見込み(未監査)を公表しました。

  • 2008年第4 四半期において損失を計上:ドイツ銀行AGは、2008年第4 四半期において約48億ユーロの損失(税引後)計上を見込んでいます。これは、極めて異例な市場環境を反映し、セールス/トレーディング業務、特に自己勘定取引を含むクレジット・トレーディング、株式デリバティブ、株式自己勘定の各業務に深刻な影響が及んだことによるものです。さらに、エクスポージャーの削減やその他のリスク軽減策、モノライン(金融保証会社)数社に対する引当金の大幅な増加、およびその他の非経常的な利益や事業再編費用を含む非経常的な費用なども、当該四半期の業績に影響を与えています。資産運用およびウェルス・マネージメント部門においても、DWSスカダーに関連する無形固定資産の減損損失が発生したことや、マネーマーケット・ファンドへの資金投入により、損失計上を見込んでいます。

    なお、2008年通年の業績においても、約39億ユーロの損失(税引後)を計上する見込みです。

  • 当行発行の債券に対する公正価値オプションは限定的に適用:当行が発行した債券に対する公正価値オプションに関して、当行は、前四半期までとの一貫性を保ち、限定的に同オプションを適用しました。比較のため、当行発行の債券全てに公正価値オプションを適用したと仮定すると、税引前利益は2008年通年で 55億ユーロ超の追加となります。

  • 強固な資本基盤:2008年第4四半期末における、バーゼルIIに基づくBIS規制コア自己資本比率(Tier 1)は、当行の目標値である10%前後の水準になると予想しています。この予想水準は、2008年の配当を1株当たり50セントとした場合を想定しています。

  • バランスシートのレバレッジ低減で更なる進展:グローバル・マーケッツでは、バランスシート上のレバレッジを下げるという当行の方針にのっとり、2008 年第4四半期に、トレーディング資産およびデリバティブ以外の資産を大幅に削減し、その減少額は約3,000億ユーロとなりました。しかしながら、 IFRS(国際財務報告基準)下ではネッティングが限定的にしか適用されないデリバティブ関連資産の市場価格がこの減少額を上回り、減少額は相殺されました。デリバティブ関連資産の時価残高の増加は、当該四半期における例外的に高いボラティリティと極端なイールドカーブの動きを反映したものです。当該四半期にトレーディングおよびデリバティブ以外の資産は圧縮したものの、ドイツの中堅企業セクターへの融資は予定通り実行しました。レバレッジレシオ(負債比率)は、2008年第3四半期末の数値から低下する見込みです。

  • 主要クレジット市場でのエクスポージャーを大幅削減:当行の2008年第4四半期現在でのレバレッジド・ローンおよびローン・コミットメント(公正価値ベース)のエクスポージャーは、同年第3四半期末の119億ユーロから10億ユーロを下回る水準に減少しました。さらに、2008年第4四半期の商業用不動産ローン(公正価値ベース、リスク削減後)に対するエクスポージャーは、同年第3四半期末の84億ユーロから30億ユーロを下回る水準に減少しました。

  • 是正措置:当行取締役会は、2008年第4四半期に様々な是正措置を決定しましたが、このうちいくつかは当該四半期の終盤に向けて実施され、当該四半期の数字に反映されています。この他の措置については引き続き2009年に実施される予定です。


    ドイツ銀行取締役会会長のヨゼフ・アッカーマンは次のように述べています。「今回の第4四半期の実績については、結果として通年の業績が損失となることになり、誠に遺憾に思います。当該四半期の市場環境が極めて困難な状況にあった中で、当行の業務基盤においていくつか脆弱性が見出される形となりました。当行ではこれらを改善すべく様々な対応策を立て、実行に移しています。

    当行の資本基盤は引き続き強固な水準を維持しており、これにより、非常に厳しい市場環境への対応や事業基盤におけるリスク低減策の実施が可能となっています。当行では、レバレッジド・ファイナンスや商業用不動産をはじめ主要なクレジット市場でのエクスポージャーを十分に削減し、今後これらの業務からこれ以上重大な負の影響を受けることはないと考えています。市場の混乱に最も影響を受けたトレーディング戦略については、その規模を縮小するか撤退しています。当行は、トレーディング資産を大幅に圧縮し、従ってバランスシートにおけるレバレッジも低減しています。」

    ドイツ銀行は、2008年第4四半期および通年の業績を、予定通り本年2月5日に公表する予定です。同日には、記者発表およびアナリスト・コール(アナリスト向け電話説明会)がフランクフルトで開催される予定です。

    ※詳細は、本文下のPDFファイルをご覧ください。





Footer Navigation:
最終更新日: 2013年2月26日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan