2008/10/28

ドイツ証券株式会社、日本でアドバイザリー・ボードを設立

ドイツ証券株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:デイビッド・ハット)は、本日、日本においてアドバイザリー・ボードを設立した旨を公表しました。

当該アドバイザリー・ボードは、実業界、学界、政府機関など広い分野において幅広い経験を有する有識者6名で構成され、ドイツ証券株式会社の日本におけるビジネスの強化・拡充を目的として、マネジメントに助言を行います。また、ドイツ銀行グループは、欧州を中心にグローバル規模で持続的発展を推進し、この分野で主導的役割を果たしていますが、当該アドバイザリー・ボードにおいても企業の持続的発展やCSR(企業の社会的責任)活動、企業ガバナンスの浸透など、幅広い課題について議論を交わし、日本でもこうした課題に積極的に取り組んでいく方針です。

当該アドバイザリー・ボードの運営は、ドイツ証券グローバル・バンキング統括本部長であるデイビッド・シュレンゼルが統括します。今回のアドバイザリー・ボードの設立について、シュレンゼルは、「この度日本でアドバイザリー・ボードを設立するにあたり、各界の主導的立場にある方々をメンバーとしてお迎えできたことを大変光栄に思います。各メンバーの卓越した見識と経験、幅広い人脈は、弊社が今後も日本に根差した金融機関として更なる発展を続けていく上で、大きな資産となるでしょう。また、ドイツ証券が今後、日本の金融・資本市場の持続的な発展に貢献し、日本のステークホルダーに多角的な価値を提供していく上でも、この度のアドバイザリー・ボード設立は意義深い動きであると考えています」と述べています。

この度のアドバイザリー・ボード設立に際しては、今年5月、グローバル・バンキング統括本部のマネージング・ディレクター兼副会長に就任した前田俊一(まえだしゅんいち)が大きな役割を果たしました。日本の投資銀行ビジネスで草分け的存在として知られている前田は、現在、M&Aや事業再生、プライベート・エクイティ等の分野で戦略的提案・助言を行う一方、日本企業との関係強化にも注力しています。今後は、アドバイザリー・ボードと連携することで、従来の投資銀行ビジネスの枠組みに留まらず、気候変動やクリーン・エネルギー等、持続的発展に向けた金融・資本市場での新規事業をも視野に入れ、日本の企業や金融機関との関係強化により一層努めていく考えです。

アドバイザリー・ボードのメンバーは以下の通りです。

相原 宏徳(あいはら ひろのり)
TTI・エルビュー株式会社及びトランスキュー・リミテッド取締役会長。1962年三菱商事入社。三菱商事元取締役副社長執行役員、米州担当CEO兼米国三菱商事会社社長。航空機宇宙産業や国家安全保障に関する政府関連機関の委員や日本の主要企業、グローバル企業において多数の役員を歴任。さらに、国際関係や戦略研究等に関わる数々の非営利団体においても役職を務める。1962年、東京大学工学部(航空学科)卒業。

末吉 竹二郎(すえよし たけじろう)
2003年7月より国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEPFI)特別顧問。1967年、元三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1989年より同行米州本部に勤務し、ニューヨーク支店長、取締役を経て、1996年東京三菱銀行信託会社(ニューヨーク)頭取に就任。1998年6月、日興アセットマネジメント副社長就任後、2002年6月同社退社。1967年東京大学経済学部卒業。

竹中 平蔵(たけなか へいぞう)
慶應義塾大学教授、グローバルセキュリティ研究所所長。社団法人日本経済センター特別顧問。1973年元日本開発銀行(日本政策投資銀行)入行後、ハーバード大学、ペンシルバニア大学、大阪大学で研究員・教職を経て、1996年慶應義塾大学総合政策学部教授に就任。小渕元首相や森元首相の諮問機関メンバーを務めた後、2001年には小泉政権において経済財政政策担当大臣に就任。金融担当大臣・経済財政政策担当大臣、経済財政政策・郵政民営化担当大臣、総務大臣・郵政民営化担当大臣を歴任し、2006年政界を引退。一橋大学経済学部卒業。

内藤 正久(ないとう まさひさ)
財団法人日本エネルギー経済研究所理事長。1961年通商産業省入省、1993年産業政策局長就任。1994年同省退官後、1997年から2003年まで伊藤忠商事株式会社取締役副会長等要職を歴任した。横河電機株式会社やデュポン社など複数企業の社外取締役。1961年、東京大学法学部卒業。

西水 美恵子(にしみず みえこ)
シンクタンク・ソフィアバンク パートナー。1980年世界銀行入行後、産業戦略・政策局エコノミスト、IBRD(世銀本体)銀行リスク管理・金融政策局長などを経て、1997年から2003年まで世界銀行南アジア地域担当副総裁を務める。1975年にジョンズ・ホプキンズ大学経済学博士号取得、1975年から1980年までプリンストン大学経済学助教授。

橋本 徹(はしもと とおる)
富士銀行(現みずほ銀行)元頭取、元会長。同行に45年勤務した後、2002年退任。全国銀行協会連合会元会長、国際金融研究所元副会長、日本経営者団体連盟(日経連)元副会長を務めるなど、数多くの業界団体やシンクタンクに携わる。2003年にドイツ証券会社東京支店特別顧問に就任後、同年7月1日付で同会長に就任。2008年9月末付で同職退任。2008年2月、ドイツ銀行アジア太平洋地域アドバイザリー・ボードのメンバーに就任。






Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月13日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan