2009/03/02

ドイツ証券株式会社、神山直樹をチーフ ・エクイティ・ストラテジストに任命

ドイツ証券株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:デイビッド・ハット)は、2009年5月4 日付で、神山直樹(かみやまなおき)がグローバル・マーケッツ統括本部株式調査部マネージング・ディレクター兼チーフ・エクイティ・ストラテジストとして就任する旨を公表しました。当社では、神山氏が当社エクイティ・デリバティブ・ストラテジストであるイェンス・ヨハンセンや企業調査チームと緊密に連携し、これまで以上に包括的かつ戦略的な市場分析を顧客に提供することで、グローバル・マーケッツ・リサーチのさらなる強化に繋がると考えています。

神山氏は、1985年、日興證券株式会社(現日興コーディアル証券株式会社)に入社後、日興ヨーロッパ、日興国際投資顧問株式会社を経て、1999年に日興アセットマネジメント株式会社の運用技術開発部長および投資戦略部長に就任しました。その後、ゴールドマン・サックス証券株式会社*やモルガン・スタンレー証券株式会社*において、日本株式の調査分析業務に従事しました。これまで、インスティテューショナル・インベスター誌「オール・ジャパン・リサーチ・チーム」のエクイティ・ストラテジー部門で2007年および2008年に第4位に、日経**アナリストランキングで2006年に第3位、2008年には第6位にランクされるなど、内外の機関投資家から高い評価を得ています。神山氏は、シティ大学(ロンドン)経営大学院で博士号(ファイナンス)、ニューヨーク大学経営大学院(スターン・スクール)でMBAを取得しています。また、CFA協会証券アナリストとして認定を受けています。

ドイツ証券株式会社グローバル・マーケッツ統括本部長であるマージオ・カイリンは、次のように述べています。「この度、日本株式の調査および分析で豊富な経験と実績を有する神山をドイツ証券に迎えることを大変光栄に思います。この度の人事は、グローバル・マーケッツ・リサーチのさらなる総合力の拡充を図ったものであると同時に、困難な投資環境にあっても、顧客ニーズに適した付加価値の高い分析力に基づいた投資サービスの提供に努める当社の強い決意の表れでもあります。」

* 現時点での社名を記載しています。
** 2008年は日経ヴェリタス、2006年は日経金融新聞。





Footer Navigation:
最終更新日: 2011年6月13日
Copyright © 2019 Deutsche Bank Group, Japan