Secondary Navigation:
 

ドイツ証券株式会社
ドイツ銀行東京支店

当社グループ会社との非公開情報の共有について

平成21年のファイアーウォール規制の改正により、いわゆる「オプトアウト制度」が認められております。「オプトアウト制度」は、当社が取得したお客様の非公開情報(過去の取引の内容、取引の予定、取引時期など、金融商品取引業等に関する内閣府令第1条第4項第12号に定める「非公開情報」をいいます。)をグループ内の会社に提供することについて、お客様に当該提供に関する停止の機会を適切に提供している場合には、お客様から停止の要求があるまで、当該非公開情報をグループ内の会社に提供することを認めるものです(金融商品取引業等に関する内閣府令第153条第2項参照。)。

ドイツ証券株式会社およびドイツ銀行東京支店(以下、「当社」といいます。)は、原則として、お客様から事前に情報共有同意書を頂いた場合に限り、お客様の非公開情報を当社のグループ内の会社(当社を含み、以下、個別に又は併せて「当社グループ」といいます。)に提供する方針ではありますが、一部のお客様につきましては、当社営業担当者より個別にオプトアウト制度を適用することをお伝えさせて頂くことにより、お客様の非公開情報を当社グループに提供させて頂きたく存じます。

オプトアウト制度を適用させて頂くお客様におかれましては、当社から当社グループへの非公開情報の提供の停止をご希望される場合、お手数ではございますが、お客様の営業担当者、または以下の7に記載の当社窓口までご連絡下さいますようお願い致します。

なお、本ご案内は、当社営業担当者よりオプトアウト制度に関するご説明を行ったうえで同制度に関する書面を交付させて頂いているお客様が対象となっております。それ以外のお客様(情報共有同意書をご提出頂いているお客様を含む)は対象とはなっておりませんので、ご留意下さい。

1. 当社グループとの間で授受を行う非公開情報の範囲

原則として、当社が現在までに知りえたお客様に関する非公開情報、及び将来において知りうるお客様に関する非公開情報とします。

2. 非公開情報の授受を行う当社グループの範囲

原則として、当社の子法人等(金融商品取引法施行令第15条の16第2項に定めるものをいいます。)及び親法人等(同条第1項に定めるものをいいます。)とします。

3. 非公開情報の授受の方法

グループ会社に対する非公開情報の授受は、口頭、書面、Eメール、データベースへのアクセス付与又は共有その他の方法によります。

4. 提供先における非公開情報の管理の方法

お客様に関する非公開情報の提供先である当社グループにおいては、アクセス制限を設けることその他の方法により、非公開情報が不正にアクセスされたり、用いられたりしないよう必要な措置を講じるものと致します。

5. 提供先における非公開情報の利用目的

お客様に関する非公開情報の提供先である当社グループでは、当社グループがお客様との間の取引関係を管理するため、および、当社グループ各社がお客様に対して商品又は役務を提案または提供する目的でお客様に関する非公開情報を利用することがあります。

6. 当社グループとの間での非公開情報の授受を停止した場合における当該非公開情報の管理方法

お客様が、当社から当社グループへの非公開情報の提供の停止を希望され、その旨をご連絡された場合には、当社は、それ以降、当社グループの間での非公開情報の授受を停止致します。また、また、当社役職員のうち、当社グループの営業部門その他非公開情報を利用する部門と兼職を行っている役職員(以下「兼職者」といいます。)につきましては、兼職者の所属会社に応じて、お客様の非公開情報にアクセスできないようにするための必要な措置を講じることとします。お客様からの当該ご連絡以前に受領した非公開情報については、当社および当社グループは、引き続き適切な管理をした上で保有致します。

7. 当社グループへの非公開情報の提供の停止をご希望される場合の当社窓口

当社グループへの非公開情報の提供の停止をご希望される場合、営業担当者又は以下までご連絡ください。

当社窓口: [ドイツ銀行グループ コンプライアンス統括部]
所在地: 〒100-6170 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
Eメールアドレス:Tokyo_customer@list.db.com

以上

Footer Navigation:
最終更新日: 2016年9月30日
Copyright © 2017 Deutsche Bank Group, Japan